レポ184 TEAM RAINBOW様主催JSOL Vol.1



先日は、TEAM RAINBOW様主催の
陸上自衛隊装備サバゲイベント、
"JSOL"
参加して参りました!


しかし、陸自装備持ってません!

図々しくも、空自装備で参加させて頂きました。





主催のディング隊長と。

今回の参加は隊長さんから強い後押しを頂きました。

設定上は、空自からの研修者です。

皆さん、他幕装備参加者を暖かく迎えてくださいました。

いつか陸海空揃い踏みでサバゲがしたいという隊長さんの夢に、
微力ながら力添えさせていただけたのなら幸いです。

準備、当日の運営、プレスリリースと、
大変お疲れ様でした。





鉄砲は、いつものXCRと、MASADA ACRでした。
久々のMASADAは、軽くてよく飛んで、扱いやすかったです。
マガジンはこれまた久々のリアルカウントでした。





装備は、少し組み替えて参加しました。





以前の記事を観ていただくとわかると思いますが、
執拗な空デジ迷の応酬ではなく、
必要性重視に移行しています。





流行りのプレキャリのヒラキ。





腰回りもスッキリさせました。
ALICE式ポーチを拳銃ホルスターとして使用してます。
これは、当日出店されていたRETRASHさんのアイデアを頂いたものです。





陸自のなかに、空自が独り。

あくまで研修者の設定でしたが、
結構前に出ることができ、
存在をアピール出来たかと思います。




会場はSISTERでした。
初めてのフィールドです。

専らUABのメッカという印象でしたが、
フィールドの改装をしたとのことで、
建物のような、あるいは迷路のような構成でした。





偏見を書きます。

ごめんなさい。

このフィールドでは、
いわゆるUABプレイヤーのように、
ストックを肩から外して構えたり、
のけ反って構えたり、
銃口を下げてスイッチしたり、
「クイック撃ち」したくなったりするのかなー
なんて想像しちゃいましたが、
普通にCQBの動きで十分でした。




装備重視イベントにつき、
皆コスプレ勢かと思いきや、
ゲームはガチンコ展開でした。
しかし、ゴリゴリする割に
雰囲気はマイルドでクリーン。
そのマイルドな笑顔の向こうには、
ピリッとした何かがある。





参加者は、決して烏合の衆にならず、
きちんと進行に協力し、テキパキ行動し、
無駄口をきかず、無駄弾を撃たない。

気持ちよく、心から楽しく、
清々しいイベントだと思いました。





今回のゲストさん、
元祖ミリドル乙夜さんです。

SATマガジンの取材を兼ねてのご来場でした。

真面目かつ気さくなお人柄の印象です。
ゲームでは、一緒に前線を張ってくださり、
小柄ながら頼もしかったです。





何年来になるのでしょう。
地元浜松で何度か遊んだことのある
WASABI君と再会することができました。

本当に見違えるほど立派になって、
おじさん感無量でした。


他にも、何年かぶりにお会いした方が何人もいて、
同窓会の様相を呈しておりました。





互いに尊重し、尊敬しあい、
和気藹々のなかにも緊張感のある、
このメンバーだからこそのイベントでした。

同窓会のようと述べたとおり、
このイベントが自衛隊装備ゲーマーの
フラッグシップとなってくれることを
切に願うのです。

皆様、楽しい時間をありがとうございました。

また遊んでください!

レポ183 第4回#JPNLEM



前回の記事の架空LEの撮影会に
参加させていただくことができました!




"ハマポリ"さん主催の架空LEミーティング、
これまではゲームを進行しつつ
合間で撮影会という形態だったそうですが、
今回はどっぷり撮影オンリーという内容でした。






茨城ご当地架空LE戦士。

やはり、地方色を押し出すハマポリさんリスペクト装備、
茨城ごじゃっぺLE軍団の交流は必然的でした。

皆さん今後もよろしくです!






今回の参加の大きな目的は、
"ハマポリの世界観"を味わうこと。

ハマポリさんのブログや、
架空LE関連のツイート等からでは推し量れない、
「雰囲気」
「ニオイ」
を、何としても感じてみたかったのです。






様々なシチュエーションをパパっと据えて、
全てアドリブで撮影会が始まります。

とにかく皆さん状況に入るのがうまいんです。





正直、ついていくのがやっとでしたが、
頂いた写真にちょっと映っているのが嬉しかったり。






田舎の農村LEが、大都会で研修を受けるイメージで。

装備がまだLE感に乏しいので、
皆さんの装備を観察していた場面ですがw





パッと役割分担してます。
皆さん凄いんです。




潜入捜査官からの状況説明を受けるの図。






狙撃手してみるの図。





お借りした風力計と供に。






会場は、F2プラントさんでした。





廃工場を利用して作られたフィールドです。





この廃退した雰囲気によって、
映画やドラマのロケ地としても大活躍です。





いつかゲームに参加してみたいですねー。





微妙に射線が通らない感じが素敵。





奥行きがあるので、なかなか決着がつきにくそうでした。






終日いてくださる屋台の食事が滅茶苦茶うまいのです!
屋体飯食べに行くだけでも価値があるほど。





射撃訓練シーンもやってみました。





ちょっとしたインストラクションシーンも。





弾倉交換。





なかなか良いシーンが撮れたのではと自賛w



今後は装備を煮詰めて、
よりそれっぽくなるように、
研究してみようと思います。

サバゲ仲間も感化させて、
玉里村警察"TVPD"軍団でイケるようになりたいっ!


ハマポリの皆さんを始めとする架空LEの皆様、
楽しいイベントをありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!




レポ182 東京サバゲパーク定例会



1/21(日)、サバパー定例会に行ってきました。




参加者は、満員御礼の160名とのことでした。

そのうち、1割前後が女性だったそうです。

凄い世の中になりました。






親愛なるサバゲ仲間4名で参加し、
うち1名は初の専用フィールドでした。






前回に引き続き、ボルトアクションでの参加。

比較的好調だった前回と打って変わって戦果は酷いもんでした。。





とにかく欲張らず、落ち着いて行動することがボルト使いに必要ですね。





人数の多さも、戦果に影響していたと思います。

わーっとゲームが始まって、ゴチャゴチャの中、ゲームが終わる。

フィールドにいても、参加できてないゲームもありました。





落ち着いて行動することで、数名の戦果があったゲームもありました。


ボルトアクションは、やっぱり修行になります。






レポ181 東京サバゲパーク定例会



本日、撃ち初めて参りました。

安定のサバパー定例会です。




参加者は70名あまり。

ちょうど良い数はこのくらいな気がします。






サバパーでは初めて、ボルトアクションを使用しました。





バリケード型フィールドでどれほど遊べるか。
試してみたいと思ったのです。

スタッフさんにちょっと訊いてみたり、
ボルトアクションに慣れてそうな人を観察したり。





距離をとれる場所も多いのと、
進撃ルートを予測してみたりと、
ちゃんと楽しく遊べました。

追い詰められることはありましたが、
ただではやられませんでしたよ~

戦績は、多分トントンより若干上。
入れ食いポイントに巡り会うことが
何度かあったゆえの結果。

何よりナイスヒットコール!と、
3回くらい言ってもらえて嬉しかったです。





チームの皆さんありがとうございました!




サバパーだけではないのですが、
このサバゲブームの昨今、
今でこそフィールド側で排弾器や
マガジンの装着に関して
きちんとしてくれてますが、
銃口管理がまるっきりダメなのは、
基本昔と変わってないと思います。

ゲーム開始前の無意味な試し撃ちは
今回禁止とアナウンスされ、
撃つ人はいなかったものの、
マガジンの着いた銃で、
何やら射撃姿勢や動きの練習を行い、
その時私に銃口が向けられていました。

危険を危険と認識出来ていないのです。

しかし、知らないのなら仕方ありません。

他にも危険行為がたくさんありましたが、
一番は、フィールドさんが指導できればということ。

客の一人にすぎない私の出る幕ではなく、
銃口管理が出来てなくとも、サバゲはできます。

ですので、無理強いは出来ないのです。

難しい問題ですが、まずは身内から、
という10年以上前からの方針で、
今後もやっていこうと思います。




レポ180 青空ハッスル定例会



昨日12/30は、念願であった青空ハッスル定例会に参加しました!




実家に近い、優良フィールドということで、大いに注目しておりました。





古巣チームHSS現会長ノムケン君と、
元会長のおいらと。




T市ゲームでお世話になっているJUNさん。





いつもゲスト参加してくださっていたBOTAさん。



離れていても、サバゲ仲間は永久に不滅です。





参加者は、70名程であったと思います。

運営はしっかりしているのは勿論、
参加者のマナーの良さを感じました。





今回から広がったという森林~沼地が、
旧来の自然の地形地物を生かしたサバゲを感じられました。





様々な趣向のゲームが行われ、
拠点陥落戦ではフラッグを取ることに成功。
ノムケン君のアシストのおかげでした。





フラッグゲットのご褒美は、ギャロップの0.2バイオ弾。
ハッスル親父さんから贈呈していただきました。





チームの団結力が高まる、とても良い演出でした。
皆様ありがとうございます!





薄暗い森の中では、デジメも結構効果があるようでした。





日陰を選んで進む、サバゲの基本ですね。






造成したばかりのAフィールドでのゲームもありました。
ミカンの木が程よく遮蔽物を形成していて、
遠距離戦が面白いフィールドです。




本当に楽しい撃ち納めとなりました。

今後も帰省中に余裕があれば、参加していきたいです。



プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード