鳳来寺山 登山

09101002.jpg

2009.10.10
職場の仲間たち、妻と共に、鳳来寺山へ行ってまいりましたよ。

09101001.jpg 09101003.jpg

09101008.jpg

愛知県新城市にある鳳来寺山。
近くにありながら、何気なくスルーしていた名所中の名所!


鳳来寺について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B3%E6%9D%A5%E5%AF%BA

鳳来寺山について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B3%E6%9D%A5%E5%AF%BA%E5%B1%B1



表参道の三ノ門から鳳来寺本堂へ1425段の石段を登り、
さらに、奥の院→山頂(瑠璃山)(684.2m)→天狗岩→鷹打場→東照宮、
そして本堂→石段下りという計画。


メンバーは、私、妻、そして職場の仲間たち4名の6名。
道中各所に点在する史跡を見ながらのんびり出発です!

09101004.jpg
三ノ門にある観光案内所。
ここでパンフレットを頂きます。

09101006.jpg
1.2キロほど、お土産屋さん、民家などが続きます。

09101007.jpg
県指定文化財「ネズの木」

09101009.jpg
かえでの木が色づいていましたよ。
11月に入れば、とてもきれいな紅葉がみられることでしょう。





09101010.jpg
いよいよ石段が始まります!
1425段、1300年前から、お薬師様の救いにすがる武士、百姓が登った石段です。


09101011.jpg
仁王門
石段の途中にはたくさんの史跡があって、一つ一つが興味深いものなのです。

09101012.jpg
ここをかつて芭蕉を始めとする歴史上の人物が登ったと思うと、身の引き締まる思いなのです!





09101013.jpg
小一時間かかって、鳳来寺本堂へ到着しました。
スキッとした秋晴れに、本堂と鏡岩が映えます。
ここの絵馬、この鏡岩に因んで鏡が貼り付けられています。

09101014.jpg
休憩所から南側を一望できます。
遠くに三河湾を望みます。


ここでお弁当を頂いたあと、いよいよ山頂へ向かいます。


09101015.jpg
本堂脇の石段を登り、遊歩道を登ります。

が!

引き返してくるおっちゃん曰く、
「倒木があって山頂に行けないですよ~」



・・・そうなのです。
先日、各地に大きな被害をもたらした台風18号の爪痕なのです・・・

乗り越えていくのも良いですが危険と判断し、
ここからの登頂を諦め、逆周りに東照宮から山頂を目指すことに。。。

09101016.jpg
鳳来寺山パークウェイを利用して車で登ってきた方々と行き交いながら、
リュックを背負ってヨチヨチ歩くのがちょっと気恥ずかしいw


09101017.jpg
東照宮
ここから山頂を目指そうとしたところ、今度はスズメバチ騒ぎで通行止め。。。


それでも諦めきれない我々は、ウロウロするうちに「行者越え」方面に。
しかしここでも!
09101018.jpg
「あれ?道がない?」


09101019.jpg
・・・そうなのです。
ここにも台風の爪痕が!


台風やスズメバチには敵いません。
諦めて下山することにしました。

09101020.jpg
雄大な山頂方面が青空に映え、一層名残惜しくなります・・・


09101021.jpg
この木漏れ日を、芭蕉も見たのでしょうか。


09101022.jpg
石段は、登るときより降りるときのほうが危険ですし、膝にもキますね。
ヒョッコヒョッコと三ノ門に向けて下山です。


09101023.jpg
下山後、ちょっと車を走らせて隣町の東栄町にある、「とうえい温泉」に行きましたよ。
ツルツルの、とても良い温泉でした。



登頂断念という残念な結果でしたが、充実した一日を過ごすことが出来ました。
今回、私の思いつきに付き合ってくれた妻、職場の仲間に心より感謝いたします。

comment

Secre

おっ[i:63903]

鳳来寺山 いいですね。
日光、久能山、鳳来寺山、三大東照宮の1つにも数えられている由緒あるお寺でございます。
武田信玄公も 三方原の後、野田城攻めの後、鳳来寺で静養したとも、亡くなってたかも??とも言われています。
ワタクシも先々月 1425段階を15年ぶりに上がろうと妻と娘とチャレンジしようと心みたんですが・・・やめてパークウェイで ブーブーで上まで上がったヘタレです。
ですが やはり鳳来寺近辺は大好きな場所で 結構いきますよ。
映画 もののけ姫での森の音は たしか この山で録音したと思いまーす

No title

>072Hさま
おお!
072Hさまお詳しいであります!
実は私、つい最近まで鳳来寺がそんなにも由緒あるお寺だとはつゆ知らず、でありました・・・
石段も、森の音を聞きながらだと気持ちよく登れましたよ~
ほんと、このあたりは日本の歴史の根幹になるものが多いと思います。
もうちょっと、自分たちの住む地域をよく知るべきだなぁと、思いました。
プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード