たまごひこーき F-4EJ



たまごひこーき、はまってますね。
今回は、古いキットでいきます。






F-4でございます。
30年は昔のキットでしょうか。
子供の頃、作った覚えがあります。

以前は、土台とセットでしたが、
今はスプーク(ファントムボーイ)
だけが付属しています。

古い金型ゆえに、パテ盛り、
ヤスリがけは必須となります。
最近のプラモデルに慣れていると、
少々面倒くさく感じます。

胴体と共にモールドされた
パイロットは、ちょいと変な形。





今回から、塗装用のツマミ棒を使用。
道具って便利です。

アセンブリ毎に組み立て、
塗装し、組み上げようとしますが、
胴体の進捗が遅れている図です。





キャノピとパイロットのデティテールアップ。

ファントムのキャノピフレームは、
アクリルガラスと金属フレームとを、
黄色っぽいFRPをはさみこんで作られています。
ですので、それらしく塗り分けないと、
ファントムのキャノピらしくなくなるのです。

パイロットは、今風に表現しています。
最新の米軍風にするのは、よだきいのです。




出来上がりました。

追加デカールのおかげで、
情報量の多い完成形に出来ます。





キットでは、昔のガルグレー塗装のEJと、
ベトナム迷彩のEを指定されています。

今回作ったような現用空自ファントムは、
国籍マークが小さく、キットの大きな
日の丸を使うと、どうにも違和感があります。
ですので、1/144のデカールを流用しています。
機番についても同様です。





キットでは、正体不明のミサイルを
翼下に搭載するようになっています。
30年前なら、370gタンク×2が
標準だったでしょうし、
ファントムらしさを表すには、
そっちのがいいと思います。

今回は、そのパイロンだけを、
取り付け位置を変えて使用。





各所に、うるさくならない程度に
塗装とデカールによる
デティテールアップと
デッチアップを施しています。




昔のたまごひこーきは、
デフォルメの方向性が好みです。





数年前から妻に、
たまごファントムを作るよう
頼まれてたのです。

無塗装素組みでは納得出来なかったので、
道具が揃った今こそ、と、
ファントムに取りかかりました。

欲を言えば、エアブラシと
ブースがほしいですが、
贅沢は言えないでしょう。

comment

Secre

プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード