3-11


あれから3年たちました。

あの日、浜松では、長時間にわたり大きくゆっくりとした揺れを感じたことを覚えています。

3113.jpg


亡くなられた多くの方へ哀悼の意を表するとともに、
いまだ行方不明の方々の一日も早い発見を願います。

また、未だ復興途上の地で日々奮闘する方々、
及び故郷を離れ避難先での不自由な生活を強いられている皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。



負けない!忘れない!と誓ったあの日から3年、
震災を切っ掛けに私も色々な経験をいたしました。

仲間が次々に現地へ派遣されていくなか、私は居残りを命ぜられ、
歯がゆい思いを心に留め、留守を守るためあらゆることを引き受けておりました。

大げさかもしれませんが、国の存亡に関わるときに自分が出来ることを最大限やったつもりでした。
そうして日々気が張り詰めている中限界に達してしまい、軽度のメンタルダウンも経験しました。

災害に対してのみならず、今後生きていくうえでの様々な教訓を得ることが出来たと考えています。




世の中では多分、物事の本質が剥き出しとなったことで、
それが本物か偽物かがわかってしまうような事象に溢れていたように思います。
しかしそれら偽物は、またすぐに姿を変えて蔓延ってしまっているように感じます。

本当に大切なものは簡単には見えてこない世の中なのだと思います。
私利私欲を貪る者や、我々が不幸になることを望む輩が、
あの手この手で真実を捻じ曲げているように感じています。


防災やエネルギー政策は、即ち安全保障だと思います。

私には、これらが極端なイデオロギーや外患勢力に本質を捻じ曲げられているように見えます。

ヒステリックにならず、表面だけを捉えず、本質を見ることが、常に必要と思います。

人それぞれが声の大きな者に流されず、自らの意見を持ち、他人の意見を尊重する。
そうすることによって、邪な意思を跳ね除ける強い社会を形成するに至り、
困難に対してより良い対処のできる世の中になると、私は考えています。


色々取り留めもなく書きましたが、
こういった事も含め、あの日を忘れてはならないのだと思います。

これが、未来に対する我々の仕事だと思います。


comment

Secre

プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード