永遠の0



今話題の映画「永遠の0」、1/11に観てきました。

IMG_0985.jpg

既にご覧になった方も多いと思いますし、原作もヒットし、
これからも多くの方がご覧になるでしょうから多くは語りません。


生きて帰るという、妻への約束を果たそうとした宮部久蔵が、何故特攻を志願するに至ったのか。

そこを、宮部久蔵の孫の目線で、じっくり考えていく映画であると思います。



このストーリーは本当に単純な感傷論では計り知れないものがあります。


絶対帰ってくるという約束を、

死んでしまったものの宮部は見事に果たしているということ。


そこに至るには、宮部の生き方、考え方、行動力に突き動かされた多くの人々の存在が大きいということ。




何故、特操の教官時代に、候補生たちになかなか「可」を出さなかったのか、

ここでも、決して感傷的な理屈などではなく、

宮部は敵艦に接近することがいかに難しいかを知っており、

決定事項である特攻という決死の作戦において、

更に無意味な戦死者を出したくないという止むを得ない決心の表れと理解しています。

それは最後のシーンで証明されたとおり、

卓越した技量を持っている者のみが、

特攻を成功させることができたからです。


そんなことよりも、この国の行く末を思えば、

若者たちは、生きて戦災から復興する原動力になるべきだと考えていたのですが。





観た方それぞれが、それぞれの目線で、

死生観を見つめることのできる映画だと思いました。


妻は、祖父のことを思い出したと言っています。

私の祖父も兵役に就きましたが、もっと色々聞いておけばよかったと思います。



原作とコミック版も、手に入れなくては!

comment

Secre

プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード