空自迷彩(デジメ)装備のまとめ





先日のゲームで使用を開始した
空自迷彩(デジメ)装備ですが、
バトルプルーフと、デジメ率を上げるための
仕様変更を行いました。

サバゲ仲間でデジメ熱が上がっているので、
参考にしてもらえればと思い、
記事をアップすることにしました。

そして、最近更新ペースが甚だ遅いことの反省も…


※制式な空自装備の参考には一切なりません。









プレートキャリアは
EmersonのレプリカJPCです。

作りはしっかりしているのですが、
FGのはずがどうみてもRGな色です。

デジメ装備はやはりグレー基調なので、
ベースとなるベストが緑基調ですと、
ややちぐはぐな印象です。

よって、ベースのRGを隠すため、
なるべくデジメ面積の多いポーチを配し、
ポーチはフラップにデジメ生地を
縫い付けるなどしています。





背面は、先日のゲーム時はバックパックを
改造したものをタイラップで
くくりつけていましたが、
それではJPCのコンパクトさが
スポイルされてしまうので、
バックパックをとりやめてハイドレーションと
ラジオを取り付けることにしました。





それでは、細部の説明をします。






マガジンポーチは、
誠和商事の陸自式のもの。
固定方式はALICEクリップ。

2本用と3本用を混在させてます。
フラップがバックルやボタン金具で
止める方式であり、使いにくい。

フラップを開けたままですと
当然マガジンは抜け落ちますが、
ラバーバンドを増設しテンションをかけ、
抜け落ちにくくしています。

PALS仕様のFGのポーチのフラップに、
デジメ生地を縫い付けた方が良かったのかも。






アドミンパネルのようなもの。

JPCはアドミンパネル内蔵のような
仕様ではありますが、
やはりデジメ率を上げたいので採用。

元は三浦商店のメモ帳入れで、
側面にループを増設してタイラップで
固定してあります。
"マジックテープ"を増設して縫い付けて、
ローカルメイドを演出しています。





ハンドガン用のマガジンポーチは、
元は三浦商店のツールポーチです。

仕様では縦でベルトに取り付けるループと、
横向きに取り付けられるループがあるのと、
フラップがベルクロとバックル止めという
豪華仕様。

あらゆるギミックを取り外し、
PALS一本止め仕様への変更と、
フラップを完全にベルクロ式にし、
デジメ生地を縫い付けました。





アクセサリーポーチも三浦商店製。
PALS対応で、大きな改造はしていません。





CATポーチは、何年も使っていたもの。
フラップにちょっとだけデジメ生地を縫い付け。





大きめのユーティリティポーチは、
三浦商店のレッグバッグを流用。

これもバックル止め仕様だったり、
PALS/ALICE互換のウェブがあったりと、
結構な豪華仕様でした。

スッキリとベルクロ仕様への変更と、
デジメ生地縫い付け、
ベストへ取り付けるための背面の
小改造を施しています。






これも三浦商店。
ナルゲンボトルや小さめの
ハイドレーションパックを
入れることが出来ます。
これはなんの改造も施していません。





ラジオポーチは、今までも使っていた
VOLK TACTICAL GEARとTAC NYLONのものに、
デジメ生地のカバーを縫い付けたもの。

メーカータグをカバー前面に縫い直しました。





TAC-NYLONのパッチパネルには、
デジメの日の丸パッチを貼り付け。

これもデジメ率を上げるための措置。






VOLKのショルダーパッドにも、
デジメ生地を縫い付け。
例によって、メーカータグをカバー前面に移設。

VOLK TACTICAL GEARさんがデジメのものを
リリースしてくれると嬉しいのです。




ということで、
デジメのポーチは三浦商店のものが殆んどです。
全国的に品薄のようですが、
秋頃には補充されそうとのことです。

私は百里基地内のBX SAXONでの購入でした。
同店は通信販売も行っています。
https://www.instagram.com/bx_saxon/


凝り性なのでガツッとデジメで
行くと思いますが、
飽き性でもあるので、
いつまで続くかわかりません。

引き続き発展していければと思います。







プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード