デフォルメ飛行機イラスト 2



お絵描き、はまってます。
楽しいです。

と言いますのも、妻が身重ゆえにあまり出歩くわけにはいかず、
音楽制作で外界をシャットアウトするわけにもいかず、
妻と会話しながらチョイチョイと楽しめるイラスト書きはまさにうってつけ。


前回の記事同様、小さなメモ用紙に鉛筆で下描きし、
定規は使わず、ネームペンで仕上げるルール。






A-4
降着装置を降ろした姿をと思い選定したアングルでしたが、
結局面倒になって適当な表現に。
脚柱を長く描かないとらしくないですよね。





T-1
ぐっと縮めて表現。
テールに特徴があるので、そこは長く。





HONDA JET
これを描いた翌日、実機が初来日。
知らなかったんですが、偶然。
あまり似てなくてリトライを決意。





MiG-29
双垂直尾翼って、角度の表現を揃えるのが難しいですね。
80年代末、フィンランドに展開した様子が航空雑誌に載り、
分厚いソビエトの壁が溶けていくのを感じました。





T-33A
これはお気に入り。
ごく初期、というか初のマトモな実用ジェット機でありながら、
実にスタンダードかつ個性的な容姿。





T-38A(N)
大好きなタロンちゃん。
薄い主翼と頭でっかち感を強調。
NASAの宇宙飛行士の訓練やチェイスに使用される機体を描写。





X-29
未来的なスタイルで大人気。
特徴的な前進翼ゆえ、描きやすい飛行機でもあります。






F3H
F-4のヒナ。
まさにチビ妖怪。
どの機体とも似ていないスタイル。





F-105
流麗なセンチュリーシリーズにおいて
唯一ゴリゴリ感が溢れる雷親父。
くさび形のインテークを描くだけでサンダーチーフ。





Super Etendard
おフランスの艦上攻撃機ざます。
シュペルミステール戦闘機の流れを汲むスタイルと、
ミラージュシリーズへ繋がる要素が絶妙で好き。
でもパースの付け方を失敗してます。
リトライ決意。





HONDA JET
リトライで成功と言えそうです。
ウネウネしたラインを残しデフォルメ。
特徴を強調しすぎると別機になっちゃいます。
来日した赤いN420HEを描きました。





L-39
旧東側を代表する練習機の傑作。
民間籍でも多数活躍し、このブライトリングジェットチームは超有名。
流麗なラインを大切に。





Su-17
円筒胴体機の究極形。
可変後退翼の攻撃機で、結構使いやすかったそうで。





SAAB35
ダブルデルタって、描きづらいもんなんです。
微妙に厚みの変化する内翼がキモ。
古くても未来的スタイル。





T-400
航空自衛隊の輸送機等のパイロット用練習機。
元はホーカー400、米軍のT-1ジェイホークと兄弟。
大元は三菱MU300で、商売がうまくいかなくて販売権を譲渡したもの。
機体は高性能故に売れている、らしい。
円筒を切ったような風防が特徴的。






F-21
初期の頃描いたKfir戦闘機を再び。
訓練支援アウトソーシングのATAC社使用機。
究極のターボジェットエンジンJ79を装備し、
太く短い後部胴体が特徴的。






殲撃10
嫌いじゃないですが、線がぎこちなく変なカタチの飛行機。
正面付近から見るとカッコイイ。
かっこ悪さを強調して横方向からリトライしたい。





Super Etendard
再びのシュペルエタンダール。
今回はうまく行ったかなと。
主翼のカーブがキモですよ。




では、また描いてたまったらうpします。

輸送機や爆撃機も描く予定ですが、うまくいくかどうか。


プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード