映画 寄生獣



不朽の名作との呼び声の高いコミック

「寄生獣」

1988年から1995年までアフタヌーンにて連載され、
私はかれこれ20年来このマンガの大ファン。

生物の根幹に迫る心理描写が最大の魅力と思います。

かつてハリウッドが映画化の権利を買取り、
得意の塩漬け作戦で放置されておりましたが、
その権利の期限も切れ、
この度、四半世紀の時を超えて映画化されました。

公開日は11/29ということで昨日、見てきましたよ。




公開日当日にしてもう壊された看板。
さすがごじゃっぺさんが多いですな。



この映画、2部構成で、今回のは前編です。
現在アニメ化もされており、ちょうどアニメと同じ頃の展開で閉じています。

Alwaysシリーズや永遠の0と、VFXを多用し
かつ素晴らしい人間ドラマが魅力の山崎貴監督作品。

原作は非常にスケールの大きな話ですが、
限られた時間内で重要なポイントを押さえつつ、
省略できるところは省略し、まとめ上げた印象。

私はまあまあ面白いと感じました。

なまじっか原作を知っていると、
「おー、そのセリフをコイツに言わせたか!」
「うーん、そこへ至る心理描写が足りない!」
とか色々考えちゃいますが、
多分、初めてこの作品に触れる方は多いに楽しめると思います。

そして、「母性」の根源に迫る描写が面白いと思いました。
理屈じゃなく、超常的かつ普遍的に存在するものとして表現され、
これは原作でも触れられている要素です。

母性は脳を介さずとも発揮され、それが主人公を救います。
完結編でも、恐らくそれが重要なファクターとなるでしょう。





ミギーかわいいよミギー



11/29という「いい肉」の日に公開するには
結構キツイ描写もありますw
そこは原作にも負けないほどの戦慄を覚えます。





「生肉を食う」


プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード