キンモクセイの季節に思う

kinmokusei.jpg



この夏ジリジリ照りつけた日差しも柔らかくなり、キンモクセイの香り漂う浜松です。
今回は、某SNSで書いた内容に加筆修正を加えた記事でいきたいと思います!


私は現浜松市内、旧細江町の出身です。
父の仕事の都合で、幼少から数年毎に全国各地を転々としてまいりました。
実際に細江に居たのは数ヶ月で、以降たまに帰省で立ち寄る程度でした。

このブログの読者の皆様の中にはご存知の方も多いと思いますが、
私は某自衛業で勤務しております。
18年前に自衛業に就職し、ちょうど9月末のこの時期に研修?のため浜松へやってきました。
青森は三沢から新幹線に乗り、久しぶりの浜松駅へ降り立つと、
このむせ返るようなキンモクセイの香りが街中に漂っていました。
秋の浜松は初めてで、実に穏やかで過しやすいという印象を受けました。

そして13年前に浜松勤務となり、今に至ります。
毎年このキンモクセイの匂いで当時を思い出します。

今年の暑さは異常でしたが、やっといつもの秋の浜松になってくれたとほっとしています。
大変穏やかで、山の稜線くっきりの大好きな季節です。
日本に生まれて良かったと、心から思えます。

しかし、この穏やかさは見かけだけのもののような気がしてなりません。
18年前と今とでは、環境も、人間の心も、政治も、国際情勢も大きく変化しました。

ここ最近大変騒がしい尖閣諸島問題、
北方領土や竹島に続いて、またもやわが国に侵略行為が行われる事態に至りました。

とにかく、難しいことはよく分かりませんが、
少なくとも、自衛業者としてこの穏やかな国をきちんと守りたいと思います。
そして政治家の方々には、国を守るための法律等もきちんと整備して欲しいですし、
現状で出来うる限りの外交をきちんとして欲しいと思います。

決して、我々の日々の鍛錬が茶番であってはならないと思います。

しかし、わが国は恫喝に屈しました。

尖閣の一連の騒動では、海上保安庁の方々の悔しさは想像に難くありません。
また、毎日哨戒飛行任務に明け暮れる海上自衛業の方々も同様だと思います。
現場が一生懸命任務を全うしたにも関わらず、
それを無駄にする政治であってはならないと思います。

しかし、今の民主党政権を選んだのは国民であり、
我々自衛業者、海上保安官なども含まれていますから、責任は誰もが同じだと思います。
国益を異にする国に対して経済依存している現状も、理想を言えば好ましくないと思います。

私は思うのです。
到底人間は「地球市民」などにはなれませんので、
あらゆる方面で「強い国」を目指さなければ、
今回のように他国からの恫喝に屈せざるを得ないのだと思います。

強い国になる・・・
それは、経済力であったり食料自給率であったり、
技術力であったりエネルギーであったり、
外交であったりそれを後立てる防衛力であったりします。

そして、それらの根本が、家庭であったり教育、道徳なのだと強く思います。

果たして、今の国民、政府は、強い国であろうとしているのでしょうか。
この記事を読んでくださる皆様なら気づいていると思います。

「人間は皆、さもしく、ずるく、利己的で、目先のことしか考えていない」
と、今の風潮では「矮小化」している現状があると思います。
決してそんなことはないと、私は思います。
しかし、風潮とは流れ流されていくものです。
実際に「矮小化」した人間が当たり前になっていく現状があります。
残念なことです。

きっと皆が何事も他人ごとと思わず、目先にとらわれず、
地道に働いて、きちんと生活できれば、めぐり巡って強い国になれるのだと思います。

報道では、個人や団体が現政権や某国に対して様々な抗議や、
中には過激な行動や野次などの下品な行為に走っている者がいると報じられています。
憂う気持ちや意見をぶつけるのも大事ですが、
私はそれより、皆がしっかり世の中に興味を持ち、
きちんと選挙に行き、良い政治家を選ばなくてはならないと思いますし、
きちんと生きるよう心掛けていくことが大事だと思います。

今自分に出来ること、それは何なのでしょうか。
プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード