FC2ブログ

AIRFESTA HAMAMATSU 2019



201910220842423e8.jpg


浜松基地航空祭

10/19の事前公開と10/20の当日の、
飛行展示の一部を撮影しました!


201910220802259d7.jpg


事前公開における、
米軍F-16デモチームの飛行。
プリモ大尉は期待どおりの内容。

2mmほどのちょっとした雨の中、
ゴリッゴリなフライトでした。



続いて、当日の展示飛行。

まずはプリモ大尉。




2019102208112846f.jpg


2019102208122867a.jpg


20191022081329061.jpg


20191022081408c55.jpg


スピード感が半端ないのです。

単機によるデモフライトチームは、
自衛隊でも検討の余地があるのではと、
個人的に勝手に思ってます。



続いて飛実団F-2Aの2号機。

20191022082153e55.jpg


2019102208223097b.jpg


20191022082302dbc.jpg


背中の尊さを知って欲しいな…
私の安物一眼レフでは背中が遠すぎる。。


続いて、浜松では最後のRF-4E


20191022082600bd9.jpg


20191022082643bb4.jpg


201910220841270e9.jpg


おとなしめな内容でしたが、
最後の航空祭に相応しいものでした。

百里航空祭が楽しみです。


逆光は浜松の常、
曇りがちも併せて、
撮影には厳しい条件でした。




続いて、会場で購入したもの。

2019102208443568b.jpg


技MIX F-4EJ 428号機
301SQ ミグシルエット

現在、用途廃止になっても、
302SQF-4ファイナル白オジロ塗装機
として現存している428号機の
かつての姿です。


パッチは、三沢のサンブラザー刺繍さんのもの。

ウナギパッチは、
かつて32SQで作った
20周年関連グッズのデザインの
復刻だと思います。

ファイターウェポンパッチは、
F-4EJのコースのものとなってます。


航空祭で販売されるパッチは、
殆どがレプリカやショップオリジナルで、
デザインもゴチャゴチャしたものが
多いのですが、
サンブラザー刺繍さんは
老舗の自衛隊米軍卸ショップですので、
それがショップオリジナルであっても、
大きな価値があると思っています。



シルバースピットファイア@あいち航空ミュージアム



2019年10月11日から14までの間、
あいち航空ミュージアムにて展示されている
シルバースピットファイアを見てきました。



名古屋空港自体は35年ぶりくらいか?
反対側の小牧基地周辺は20年以上行ってない。。


20191013234343372.jpg


ミュージアム開門まで時間があったので、
展望デッキに立ち寄りました。
この場所も35年ぶりか…

FDAの14号機のJA14FJ
ワインレッドの燃費向上タイプ。
ERJ-175



20191014080959c1f.jpg


ミュージアムのエントランスには、
かつて栄華を極めたJASの
レインボーMD-90のオブジェが!

何故JASなんだろう。。
まるで墓標じゃん!

レインボーMD-90は三沢でよく見ましたから、
もう25年前なんですね。。

JASは、東亜国内航空時代の
DC-9やYS-11に施されていた
赤と緑のライン塗装が好きでした。



20191014081659291.jpg


日本の航空史を語るのに欠かせない、
いや、もはや戦後はこの飛行機メインである、
元航空自衛隊のYS-11 52-1152

VIP仕様になっているそうで、
かつて昭和天皇もご搭乗されたという
やんごとなきことこの上ないYS-11



20191014082238614.jpg


名機MU-2B



20191014082426aed.jpg


フルスパンのスポイラでの横操縦は
三菱重工のお家芸です。



201910140826018b7.jpg


JA8737は三菱重工の社有機でした。



20191014151753779.jpg


MU-300

JA8248

三菱重工の社有機だった機体。

三菱で設計製造されましたが、
世界的な景気後退や
業界の再編の流れには逆らえず、
現在ではレイセオンホーカーで
ホーカー400として生産されており、
米軍のT-1Aジェイホーク練習機、
空自のT-400練習機としても活躍中。




20191017220933969.jpg


MH2000

JA21ME

宇宙航空研究開発機構所属だったもの。



2019101722115000d.jpg



数機製造されたものの、
現在では受注がなく、
飛べる機体は存在していません。

決して駄作ではないらしいですが。。

1号機は事故で失われています。



201910172216334ff.jpg


こういった国産機は、
適切なバックアップが必要なのかも知れません。



20191017221845807.jpg


同じくJA002M

2号機です。

パネルを外して展示してあります。



20191017222127d8a.jpg


オーソドックスな丸型計器ですが、
信頼性に重きをおいている設計のようです。



20191017222307f71.jpg


EH101

JA01MP

警視庁で使われていたもの。

愛称は「おおぞら」

三宅島噴火の慰問の際は、
上皇陛下がご搭乗。



20191017223041bfd.jpg


さて、今回の名脇役である、
PC-12 OY-THP
シルバースピットファイアの随伴機です。



201910172232474fc.jpg


日本ではあまり見慣れない飛行機です。

グレーに白文字がイカす。



20191017223428b69.jpg


さて、今回の真打ち、
シルバースピットファイアこと、
G-IRTY
Spitfire Mk.IX



201910172236382df.jpg


天候の影響で、
到着が半月ほど遅れました。

無事に見ることができて良かった。



2019101722391596c.jpg


まさか、本物のスピットファイアを
この目で見ることが出来るとは
思いませんでした。



2019101722421119a.jpg


細い液冷エンジンに合わせて絞り混んだ胴体、
狭いコクピット。



20191017224400cf5.jpg


日本の機体とは違う、
滑らかなラインで構成されています。



20191017224535a6a.jpg


本機は実戦をくぐり抜け、
各国を渡り歩いた機体。




2019101722471632d.jpg


ヨーロッパ戦線でイギリスを守った
飛行機ということで、
本国では大いに神格化されています。



対戦機は、やはりロマンがあります。


レポ207 青空ハッスル定例会



9/28に、青空ハッスルさん定例会に参加してきました。

チームメイトや友好チーム等の方々と、
楽しく遊ばせてもらいました。


20190929234034801.jpg


申し合わせで、空自野戦迷彩で3名揃いました。



20190929234141a3f.jpg


やんたばさん、sakimoriさん、
ありがとうございました!


20190929234252bf4.jpg


というわけで、空自野戦迷彩でした。
マルパーのマルチカムもよい感じでした。


20190929234412d1e.jpg


皆さんありがとうございました!


JSOL東海Vol.2始動しました!


jsoltokai2.png

自衛隊サバゲイベント"JSOL"フランチャイズイベント第2弾



1 日時、会場及びスケジュール

(1)開催日

2019.10.26(土)

(2)会 場

青空ハッスル様(愛知県豊川市大木町小牧6番2)

(3)スケジュール

ア 0800 開門及び受付開始

イ 0830 パワーチェック開始(ガスブロハンドガンは不要)

ウ 0900-0930 ミーティング

エ 0930-1200 午前ゲーム (Cフィールド)

オ 1200-1240 昼休み

カ 1240-1500 午後ゲーム (Aフィールド)

キ 1500-1515 終了ミーティング

ク 1600 撤収完了



2 参加料金及び受付要領

(1)参加料金

\3,500

(2)受付要領

会場到着後、速やかに青空ハッスル様受付にてフィールド受付を実施し、参加料金をお支払いください。JSOL東海受付は、フィールド受付後の会員証裏面提示及びお名前(ニックネーム)確認後、参加者章を配布します。参加者章は常に右肩に装着しておいてください。



3 参加要項

(1)参加条件

陸海空自衛隊装備(架空を含む)を基準とします。単に自衛隊迷彩服、自衛隊装備を着用しているのみではなく、ポリシーを持ち、愛を込めたものでお願いします。一般的に戦える格好であることが最低条件です。従って、制服及びジャー戦等は不可とします。銃は特に制限を設けませんが、実銃では実現不可能な架空銃はご遠慮ください。飛び入り参加は不可です。必ず期日までに申し込みしてください。常識及び和を重んじ、コンプライアンスの徹底をお願いします。勝敗にこだわることなく、全員が安全かつ有意義なゲームを実施できることを第一義として行動してください。また、円滑なゲーム実施のため積極的にゲーム進行に従ってください。18歳未満の参加はできません。

上記事項を遵守いただけない場合は参加をお断りします。受付後の返金はいたしません。

(2)免責事項

イベント全般におけるフィールドでの事故、怪我、銃器等の破損及び盗難等は一切を参加者の自己責任とします。

(3)銃器等取り扱い時における徹底事項(レーザールール)

ア すべての銃器等は装填済みとして扱う。

イ 標的を定め、撃つことを決めるまで引き金から指を離したままにする。

ウ 銃口を常に安全な方向へ向ける。

エ 標的及びその後ろにあるものを十分確認する。



4 フィールドの利用について

(1)食事は、受付申し込みのお弁当及び軽食の販売があります。

(2)貴重品ロッカーの利用は受付にてお申込みください。鍵の紛失は実費での交換となります。

(3)喫煙は喫煙所または各自の車内のみです。

(4)ゴミは分別して廃棄し、テーブル等に放置することのないようお願いします。

(5)周辺道路は住民の方優先及び最徐行での通行をお願いします。

(6)飲酒及び火を使った調理等は禁止です。

(8)フィールドでの撮影会は、主催による弾倉の残弾なし及び統制事項等の確認ののち実施してください。



5 ゲーム内容について

基本的にフラッグ戦を実施します。その他変則ゲームの実施も計画しています。



6 ヒット判定等について

(1)ヒット判定

オールヒット制(銃、衣類及び装備に至るまで身体及び身に着けているもの全て当たり判定)

(2)ヒットコール

オーバーキル防止のため、ヒットコールは大声でアクションを付けて行ってください。

(3)フレンドリーファイアは、撃たれた方をヒットとします。

(4)出会い頭の相撃ちは双方ヒットとします。



7 武装に関する規定

(1)使用可能銃

電動ガン、ガスガン及びエアコッキングガン

(2)弾速

法定0.98J以下

(3)使用弾

0.2g以下6mmバイオBB弾

(4)各種制限等

ア 使用する銃等の数及び使用弾数は無制限

イ ゲーム中における弾倉への給弾は不可

ウ フルオート可能なライフル銃及び短機関銃は、リアルカウント弾倉を使用する場合はフルオート可とし、ノーマル弾倉及び多弾数弾倉を使用する場合はセミオートのみとします。箱型弾倉は使用不可です。

エ 分隊支援火器、セミオート電動ガン、ガスガン(セミ)及びエアコッキングガンは、弾数及び撃ち方に制限はありません。分隊支援火器のみ、箱型弾倉の使用が可能です。

カ モスカート、グレネード及びクレイモアは、実物と同様の使用方法に限定します。モスカートの装填はインターバル間にフィールド内で実施し、セフティではむき出し放置禁止です。また、必ず発射筒等に装填して発射してください。グレネードは、膝下転がし限定です。

キ 持込み禁止品等

刃物は持込み禁止です。ダミーナイフは抜刀出来ないようにしてください。レーザーサイト及び火薬類も不可です。



8 細部規定等

(1)ゴーグル

シューティンググラス可ですが、密着するものを使用してください。また、十分な強度を持ったものを使用してください。フィールド及び弾測室では必ず装着し、完全に退去するまでは装着しておいてください。

(2)弾倉

フィールド及び弾測室に入ってから弾倉を装着してください。セフティに戻る際は必ず弾倉を抜き、弾抜き専用ネットに空撃ちしてください。

(3)ゲーム中における禁止事項

ア ゾンビ行為、暴言及びオーバーキル(当事者で解決することなく運営へ報告)

イ ゲーム開始前のフィールド内での発砲

ウ 手撃ち(銃だけ出しての射撃)及び曲射撃ち(銃に角度をつけての射撃)

エ フィールド外への射撃及び進入

オ フィールド以外での弾倉装着、空撃ち及び発砲

カ ゲーム以外で他人に銃口を向ける、トリガーに指をかける行為

キ 敵同士で身体に触れること及びフリーズコール

ク ヒット後の情報提供及び立ち止まってのゲーム観戦

ケ 障害物等の移動

コ 備品及び設備(照明、ガラス窓及びビデオカメラ等)への射撃及び破壊



9 参加表明

(1)ツイッターアカウントをお持ちの方
 https://twipla.jp/events/401202
 ツイプラにてお申込みください。

(2)上記以外の方
soundmachine5150@gmail.com
お名前(ハンドルネーム及びニックネーム可)を添えてE-mailにてお申し込みください。

(3) 申込み期限は、2019.10.19(土)とします。飛び入り参加は不可です。必ず期日までに申し込みをお願いします。
キャンセルの場合は2019.10.25(金)2100までにツイプラの変更または連絡をお願いいたします。

令和元年度富士総合火力演習(予行)



富士総合火力演習の予行を観に行ってきました。


今回で3回目、最初は20年前、前回は5年前(雨)で、
今年はようやく写真を撮れました。


前段の装備品紹介、後段の島嶼部統合作戦展示、
ともに概ね天候に恵まれました。

時系列ごと、ざっと写真を紹介します。



IMG_4656.jpg

19式装輪自走155mm榴弾砲


IMG_4657.jpg

99式自走155mmりゅう弾砲


IMG_4683.jpg




IMG_4705.jpg

155mmりゅう弾砲 FH-70


IMG_4738.jpg

82式指揮通信車

155mmりゅう弾砲 FH-70


IMG_4753.jpg

CH-47J


IMG_4759.jpg

CH-47J

IMG_4802.jpg

01式軽対戦車誘導弾


IMG_4830.jpg

AH-1S

TOW発射


IMG_4840.jpg

AH-1S


IMG_4848.jpg

AH-1S

20㎜機関砲射撃


IMG_4879.jpg

87式自走高射機関砲


IMG_4885.jpg

87式自走高射機関砲


IMG_4908.jpg

16式機動戦闘車


IMG_4946.jpg

16式機動戦闘車


IMG_4952.jpg

16式機動戦闘車


IMG_4959.jpg

16式機動戦闘車


IMG_4983_20190826214051f45.jpg

10式戦車


IMG_4988_20190826214053662.jpg

10式戦車


IMG_5007.jpg

90式戦車


IMG_5023.jpg

12式地対艦誘導弾


IMG_5038.jpg

中距離多目的誘導


IMG_5051_20190826214109fe3.jpg




IMG_5059.jpg

水陸両用車 AAV7


IMG_5076.jpg

水陸両用車 AAV7

水陸機動団隊員の展開


IMG_5078.jpg

AH-1S


IMG_5093.jpg

UH-60JA


IMG_5097.jpg

UH-60JA


IMG_5108.jpg

AH-1S

20mm機関砲射撃


IMG_5132.jpg

CH-47J


IMG_5141.jpg

CH-47J


IMG_5178.jpg

CH-47J

高機動車


IMG_5191.jpg

水陸両用車 AAV7


IMG_5219.jpg

OH-6D

これが最後の総合火力演習


IMG_5239.jpg

92式地雷原処理車


IMG_5244.jpg

92式地雷原処理車による爆破


IMG_5268.jpg

90式戦車

唯一まともに発射炎を収めた一枚。
入門機種の一眼レフではこれが限界。


総合火力演習の撮影は、飛行機とはまた違った難しさがあります。

爆音と振動を楽しみながら、陸上自衛隊の装備の理解を深め、
陸海空の連携を含めた、一連の活動を学ぶことができました。




プロフィール

まーすぃ軍曹

Author:まーすぃ軍曹
サバゲチーム"H.S.S."元会長

銃口管理と楽しいサバゲの伝導師として日本のサバゲを元気にします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード